大倉工業株式会社

当社の考えるCSR・ESG

取締役常務執行役員コーポレートセンター担当兼CSR・ESG担当田中 祥友

大倉工業グループは創業以来「日々向上」「創意工夫」「同心協力」という社訓の下、「人ひとりを大切に」「地域社会への貢献」「お客様を第一に」を経営理念に掲げ、人々の暮らしに欠かせない包装材料や機能性フィルムなど、またパーティクルボードを基材とした各種建材製品を社会に提供しながら企業として成長してまいりました。時代ごとの製品ニーズや社会の期待・要請に応えながら、これからも「社会から信頼される企業であり続ける」ことこそ、グループの持続的な成長と企業価値の向上を実現するものと考えております。「変化する社会環境やニーズを踏まえた事業価値の創造」と「ESGを中心とする社会要請の推進」を大倉工業グループCSR経営の重点課題と位置づけ、社会的課題の解決に寄与することで持続可能な社会の発展に貢献してまいります。

CSR基本方針 「社会から信頼される企業」であり続ける

CSRとESG

大倉工業グループは、事業活動を通じて「経営理念」のもとビジョンの実現に向けて行動し、「社会から信頼される企業」であり続ける事がCSR(社会的責任)と考えています。その為には、変化する社会環境の中で、E(環境)、S(社会)、G(ガバナンス)を重視した事業運営をおこない、持続的な成長と中期的な企業価値の向上に努めていきます。