大倉工業グループ環境方針

私たちは、かけがえのない地球環境を守り、企業と社会の持続的な相乗発展に貢献する事業活動を推進します。

大倉工業グループ環境行動指針

【環境経営】

大倉工業グループの環境マネジメントシステムを確立し、全員参加で環境保全活動に取組みます。

【環境負荷低減】

環境法令を順守しつつ、省資源、省エネルギー、廃棄物の減量化・リサイクル、汚染の防止に努めることにより、気候変動の緩和及び生物多様性・生態系の保護に貢献します。

【環境配慮商品】

環境に配慮した企画・開発を行い、より環境にやさしい製品やサービスの提供に努めます。

【エコカルチャー】

教育・啓発を通じて、社員一人ひとりが環境の重要性を認識し、自発的に環境保全活動を行う文化を創出します。

【安全衛生】

安全を経営の根幹とし、社員一人ひとりが健康で快適に働くことができる職場作りと、万一の災害時に地域や社会に対する影響を最小限にとどめる保安防災体制の確立に努めます。

【環境コミュニケーション】

環境に関する情報を正確かつ継続的に開示するとともに、各ステークホルダーからの評価や意見を尊重し、環境保全活動に生かしていきます。

大倉工業株式会社 代表取締役社長 髙濵和則

環境マネジメントシステムの適用範囲

大倉工業グループの環境マネジメントシステムの適用範囲は以下の通りです。

環境マネジメントシステム適用範囲 PDFファイル 100KB